市民のみなさまへ

世界糖尿病デーについて

 
現在、世界の糖尿病人口は3億8700万人に上っており、2035年には約6億人になるとされています.中でも日本が位置するアジア・太平洋地域の患者数の増加は深刻で、2014年では全世界の約1/3の糖尿病患者がこの地域に集中しています。
我が国も、糖尿病と糖尿病の可能性がある人の合計は約2050万人に上り、早急な対策が迫られています。
このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に国連総会議で採択するとともに、11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。我国でも、各地で著明な建造物をブルーにライトアップして、街頭での啓発活動を実施しています。
調布市でも「ちょうふブルーサークル運動実行委員会」・調布市医師会などが協力し、2018年11月12日(月)~11月18(日)の間、様々な施設のブルーライトアップを計画しています。

2018年度 ブルーライトアップ 協力医療機関

青木病院
麻生こどもクリニック
おぎもと内科クリニック
調布東山病院


今年のブルーライトアップ(世界糖尿病デー)の様子はこちら